単車男 78年式SR500 その1  
     
00 
     もう親父になる年齢の初期型SR500再生記 78年型SR500

えー、ホームページを作り出してもう3年目。最初はなんでもない気持ちで好きな事全て書いてたが、ここのところ事情が変わってきた。
なんとなーくSRが好きでSR中心ではじめてみた単車屋さん。一昨年はただの中心と言うだけでSR関連の仕事ってそんなになかった。
でも昨年はほぼ90%以上がSRの修理ということになってきた。
そうです、このホームページのおかげです。10万アクセスも超えてますます好きに書けないような雰囲気にもなってきました。(下手なこと書くとお叱りにあう)
じゃあとSRのページをどんどん増やしてしまおうと、新コーナーです。
仕事柄いろんなSRに乗ってみてだんだんわからなくなってきました。
本当のSRって何?ヤマハが作りたかったSRって?それが知りたくてこのSR500にたどり着きました。

私は「SRってのは500でVMキャブでしょ」ていう頭がある。最初に乗ったSRがそうだっただけで(今も乗り続けていますが)今の新車も紛れもなくヤマハのSRである。
でも乗り比べてみれば全く違う単車です。
新車はセルこそ付いてないがキックは軽く誰にもエンジンがかけられて、しかも安くて壊れない。
実用性は最高ですね。ですが失ったものも大きい。では何を失ったのか?それが知りたかったのです。

この年式のSR500は特別です。あるマニアからの口止めで全てお伝えできませんが、私のSR500とも全く違うようです?
まだ乗ってないのでなんとも言えませんが、まずは修理、再生記からどうぞ。こんなディープな世界がSRにあったとは・・・
(2005年春に無事登録され、兄さんと言う名前で日々カブ代理として活躍中。ただカブへの道のりは遠い)

78年、私は中学3年生になった。あけてもくれても「オートバイ」や「モーターサイクリスト」を読みあさっていた。受験なんて何?
モトライダーも買った。親父は近くのバイク屋に買いにいこうとした。「おやっさんおかしいでこれ、テールがロンパル(ロードパル)や」(有名なエイプリルフール事件)
黄色いロードボンバーも堀ひろ子も知ってる。
SR500がアップハンドル、SR400はコンチハンドル、知っていた、が興味は無かった。
大型二輪の免許も考えられない時代だったし、オフロードバイクにしか興味は無かった。XT500は余りにも現実離れした大きさの単車に感じた。
4気筒DOHCが当然になってきた頃、単気筒500CCロードバイク何で?あれから26年まさかそいつを手に入れることになるとは・・・


01
    はじめまして78年式SR500です    (2004年5月)

5月の終わりの雨の日に突然工場にやってきた。ネットオークションで落札した78年式SR500、奈良からの出品で取りに行こうと思っていたが、出品者が届けてくれた。ありがとうございます。
ハンドル、ステップ、シートなどオリジナルでないところが多く、思ったより安く買えた。(出品者はこれがオリジナルと思っていたようだ)
なるほど調子は悪いがエンジンも可動だった、ありがたい。欠品も少なそうだ。当然ではあるがネットオークションだからそのまま乗れる状態ではない。
少し外れるがエンジン、足回りと全て手を入れることができる方以外はネットオークションで買うべきではないと思う。調子のいい個体ならば業者も高く買う。私だって高く買うよ。ネットで売ってるのは安かろう悪かろうがほとんどである。例外もあるけどね。
ベースとして26年経ったという感じのヤレ具合が非常に良い味だ。気に入った!


02
      カッコいいぜ

とりあえずこれもまたネットオークションで買った78年型のオリジナルシートを乗せてみる。(パーツの場合はほぼ失敗は無い、ただしレアな物は高い)
おおーカッコいい!やはりSR500は赤だな。赤いすい星だ。
ここから長く辛い?楽しい?オリジナルの初代SR500の修理、再生記が始まります。非常にディープででしかも思い込みの多いページになります。
もし、間違ってる事を書いていましたらお教えください。ピカピカにはしませんのであえてレストアとは書いていません。4半世紀を生き抜いてきた証を残しつつ普通に使える中古車を目指します。
目指せカブ!


03 
      現状

パッと見たところ、なかなかオリジナルパーツが残っています。
オリジナルでないのは、コンチハンドル、メッキパワーレバー、汚いフォークブーツ、よく見るとフラッシャーレンズ(わかるかな?)
シールドビームやメーター、ブレーキマスター類の高価なパーツがオリジナルなのはありがたい。




エンジン自体は開けて修理する予定。初期型のSR500エンジンでは良いうわさを聞かない。(実は失敗作?)
この後にとあるマニアさんから教えてもらったのだが、エンジンもオリジナル。良かった。
この画像ではヘッドをとめるキャップナットやクラッチアームで78年式と認識できる。さびも程よく古さを物語る。
キャブレターも初期型の34パイの加速ポンプ付きVMキャブレター、ホッと胸をなでおろす。

残念なのは85年からの純正バックステップに交換されていたこと。譲ってくれた元オーナーはこれがオリジナルと思っていた。さらに前のオーナーが交換したと思われる。26年の歴史、色々ある。

リア周りもほぼオリジナル。スイングアームエンド部には分厚い鍛造の形成部品が溶接され、現在のただの板とはコストのかかり方が全く違う。
押す方向に力のかかるトルクロッドは輸出向きのリアディスクに基本をおいている。キャリパーが付くようになってるのです。
凝ったつくりのチェーン引きもすでに新品パーツは出ない。リア周りは78年限定ではなくこの後数年は同じ物であったと記憶しています。良く知ってる方は教えてください。




新品パーツが出ないということでは、この穴なしヘッドライトステーやフラッシャーなども同じ。転倒は絶対出来ない。








足が当たるのか?色がはげてきているサイドカバー。こういうのがカッコいいと思うようになったらかなり病気です。


04 
    オリジナルアップハンドル    (2004年6月)

最初に頼んだ純正パーツがこれ。78年式SR500のひとつの特徴であるアップハンドル。非常に楽なポジションになっている。
振動対策のため左グリップエンドに溶接された錘のためにかなり重いハンドルだ。しかも値段にびっくり!約6000円もした。オリジナルに戻すにはかなりの予算が必要か?
このパーツも15年ほど前には欠品であった。いつまで生産されるのか?何の予告もなく突然欠品になる。


05 
     フレームの特徴   (2004年8月)


夏休みに入ってようやく手を入れる時間が出来た。外装をひっぺがしていく。
78年式のフレームの特徴としてよく言われるのがリアエンド部のはしごである。これのおかげでリアの強度は現在のモデルの比ではないと思われる。ただし社外品のほとんどのシートは装着出来ない。

















それからステアリングヘッドあたりの補強も入っていない(左画像)
SRのフレームは弱く、事故や転倒でいとも簡単に曲がってしまう。それを防ぐために後のモデルでは補強が入る(右画像)
また後に走行可能になってからわかったが、フレームがしなってフロントホイールにブレが生じる。(私のだけかもしれないが)つまり、強度不足?
実はこの事は知らなかったのであるが、お客様の1人、79年生まれ、79年型マニアの方が教えてくれた。79年の後期には補強が入ったという。つまり補強を入れなくてはならない重大な問題が出たということだ。問題が出ない限りメーカーとしてコストアップは考えられない。
リアの補強を外したのもこの辺のことが原因かも?あるいは単にコストダウンか?
難しいことは抜きにして、他のSRと違うことはうれしいところ。


06 
     530スタンダートチェーン

86年以前のSRは530サイズのチェーンが使われていたのは知ってる方も多い事です。ただOリングでグリースが封入されたチェーンになったのは83年の頃。それ以前は安物の普通のチェーンでした。
普通のチェーンはクリップで付けれれており交換もチェーン切り以外は専用工具を必要としないものでした。
当時としては普通の装備であるが、オイルを絶やさないようにする必要があるのと、伸びるためにこまめに調整の必要があったのも事実。
画像は洗浄の為に取り外そうとしているものでクリップが外れかけていた訳では無い。オリジナルを保つためにこのチェーンでいくのか、耐久性メンテナンス性を考えOリングチェーンに交換するのかはこれから考える。
チェーンもスプロケットも使える状態であったのはありがたい。


07 
      サイドスタンド

以前メンテ日記で間違った紹介をしてご迷惑をおかけしたサイドスタンドです。改めて解説しました。
左が81年ごろから使用されたと思われるパイプの溶接品サイドスタンド。もっと以前からかもしれないが最終は84年。
真ん中が85年バックステップになったときから現在まで同様のサイドスタンド、鍛造品。細いが曲がることはほとんど無い。ただし現行ステップ位置では出すのが少し困難。バックステップで出しやすい位置にフックがつけられている。
右が78年オリジナルの鍛造サイドスタンド。いい位置にフックがある。ちなみに79年にもこのサイドスタンドがついていた。これも何年までかは不明。知ってる方は教えてください。


08 
      まずはエンジンにかかろうか

調子が悪いので基本的な点検整備にかかる。
げろっ、タペットキャップを開けたら液体パッキンが・・・固めるとOリングが死んでしまうのです。









ガリガリのアジャストスクリューを交換します。これで音はかなりマシになるはず?うーん高いパーツは痛いっ!



解体した400のエンジンに着いていた加工フライホイールを取り付けた。
これは当時ウエリントンがやってた加工で、純正のフライホイールに1kgの錘を溶接して取り付けるというもの。
確かにクランクには良くないだろうが、1kgには魅力を感じずにはいられない。
ジェネレーター類はテスターを当てて点検しておく。




60km/hあたりで2000rpmぐらいと勝手に考えてサンスターの17Tを装着した。リアは44Tのノーマルで行く予定、もちろんチェーンは530サイズ使用である。フライホイール共々楽しみだ。
これが後で問題に・・・


09 
     支援部隊さん

何も進まないまま10月に入りました。
突然「支援部隊さん」からメールが来て、遊びに来てくれた。
氏の初期型は非常に手が入っていて、定期的にワイヤー類まで交換されているようですばらしい状態だ。磨きもかけられて非常に奇麗。
タイヤやヘッドライトの選択も的確でオリジナルを崩さず、より良い方向に持って行ってある。
色々と教えていただいた。勉強になるなぁー。支援部隊Yさんが大阪人とは知らなかった。



氏の車両を色々と画像を取らせてもらったが、1番うらやましかったのがこのステッカー。SR500のみのステッカーだ。私の兄さんにはついてなかった。もちろん今では手に入らない。


10 
     ヘッドライトはシールドビーム

11月に入ってフロント回りにかかることにした。
初期型はシールドビームだ。単車専用である。反射板がメッキのハロゲンと違って鏡であるから効率はいい。また切れることもめったに無く、熱もあまり持たない。水も入らない。ただ年月が経つとだんだん暗くなってくる。
黒い丸いところは半透明でスモール球の明かりが通るようになっている。




これがソケット。ソケットにスモール球がついている。熱をガードするカバーもある。

確かにハロゲン球は明るいし、現在は球も安い。だがこのシールドビームでもあたりはほんのり明るく照らせる。シャープでない光だが、広範囲に明るくなるので私のスピードには丁度いい。絶対的な明るさは全く比較にはならない。ま、古いからね。丸いレンズ面がノスタルジーでもある。


11 
    ヘッドライトステーは貴重品?


ヘッドライトステーも初期型だけの物。裏側からであるが補強坂?が溶接してある手間のかかったものだ。よほど振動には気を使ったか?
メッキ側のステーも今では新品は手に入らない。現在のとの違いはフラッシャーステーの穴が無い。これは多分82年まで使われていたと思う。そうです、フラッシャーステーにダンパの無いやつね。


12 
     付いていたコンチハンドル


こんなコンチハンドルがついていました。
前オーナーはこれがノーマルと思っていたようですのでその前のオーナーか?それともその前か?誰かが苦労して交換したのですね。
まぁ、いらんなぁ。


13 
     錆び


ハンドルブラケットのボルトさび。くー、緩まなーい。CRC攻撃だ。








フロントホイール。初期型のスポークは何の防錆処置もしていないのですぐに錆びる。どうしようかなぁー?
さび止めメッキのスポークになった83年以降のホイールがあるのでそれにするかなぁー。錆びは気にしないほうだが錆びすぎだ。


ロワ−ブラケットも錆びていたのでワイヤーブラシで錆びを取る。すると塗装部より錆びてる部分が多かった。仕方ない、これも別のにするかなぁ。こういうときはSR屋さんやってて良かったと思う。






ところがどっこい78年式は形が違った。上が錆を適当に落としてシャシブラックで塗った78年式のロワーブラケット。
下が83年式のブラケット。違うでしょー、ヘッドライトステーがつく所。79年式も83年と同様の形であったので、この78年式ロワーブラケットは初期型のみ?かなり貴重品、ムフッ♪
事故すれば1番最初に曲がるところだからねー。


14 
      フロントフォーク


フォークも砂型?の形が変わったためか若干異なる。83年式と比べたアウター。
形、クリア塗装、カヤバのステッカー、全てが異なる。






















こちらはフォークのキャップ。左が78年式、多分82年まで同じ。材質は鉄。
右は確か94年からのアルミキャップ。サイズは同じで軽く錆びない。ヤマハさん、エライッ!しかもうまく転がっていたのでこれに交換。
これでキャップは初期型オリジナルではなくなってしまった。


ダストキャップはボロボロだったので新品をおごった。ゴムパーツはなるべく新品を使いたい。純正のダストキャップはすばらしい防水防塵性能。
ただし高ーい!ひぃー、金が出る。

           
15 
     ステアリングヘッドベアリング

ステアリングヘッドのベアリングは上部がご臨終。下側は何とか我慢すれば?使えるような状態。お客さんのなら交換ですが、自分のにお金はかけれません。







上側のみアンギュラベアリングに交換しました。贅沢ぅー。画像は組み込んだ後の状態。
テーパーベアリングの性能は十分に承知していますが、個人的にはフォークあたりの振動が減ってしまうのが好きではない。
やっぱりアイドリングでフォークが震えないとね。


16 
     フロントホイールとタイヤ

年を越してしまって2005年。フロントホイールはやはり錆びがひどいので錆びていない83年以降のものをチョイス。
錆び止めがなされていない初期型は錆びてなんぼなんだけどね。
タイヤはもらい物、未使用のブリジストン、アコレード3.50-19。数年前の品なのでタダでもらいました。溝があればいいのだ。
そんな私でも10年以上前のタイヤは使いたくない。
本当はダンロップF11の3.25-19を入れたかった。


17 
      ハンドルホルダの違い

小さくて見えないかも?さすがにヤフオク物、ダンパもガタガタ。ホルダのダンパは新しいものの中古に交換。
ボルト類は錆びていないものを出してきて交換する。
ちなみにホルダのアッパーは右のすっきりした細いものが78年式で、ボルトの錆がついているが軽いアルミ製。翌79年には左側のゴツイ鉄にコストダウンされた。
後に90年代に入って再び塗装の無いアルミに戻される事になる。

ロワーのホルダー。右側のすっきり整形されたものが78年式、79年からは整形するのが面倒になったようだ。共にアルミ製。








すみません画像が反対になってしまいました。これは左が78年式、右が手を抜いた79年以降のものです。
こんなブラケットまで78年式初期型はコストのかかった専用パーツになるのです。似てても全く異なるSRと言えるでしょう。


18 
       スピードメーターの違い

黒文字盤のメーターはこのページ読んでくださる方はよくご存知でしょう。メーター内にニュートラルやフラッシャーのインジゲーターが入るタコメーターの違いは歴然です。
じゃスピードメーターは同じか?実は違います。外から見れば78年式もそれ以降も同じです。しかしスモールを点ければ・・・
左が79年から84年までの黒文字盤メーターです。メータ内を照らすランプは上に1つ。右が78年式の黒文字盤メーターです。ランプは上下に2つあります。不明ですが、82年式の限定SR400も同じメーターが使われたと推測しています。
後に85年に白文字盤になったとき、実は上下にランプのあるこのタイプに戻されていたのです。ただ白文字盤でしたが。
球以外の配線は今は無き速度警告灯の配線です。若い人は知らないでしょうね。80km/hを少し超えるとピカッと点くのです、いいんだなぁこれが。


19 
       フロントブレーキキャリパー再生

ピストンには虫食いが・・・想定内です、10台中9台の旧型キャリパーは正常作動しません。ピストン抜けただけラッキー。
ピストン、シール、ブーツを交換しました。








パッドは住友の当時物未使用品に交換。シリコングリースも惜しげなく使います。
ブレーキは手を抜けません、費用は約\5,000ほどかかってしまった。見えないところですが、完璧にしたい。


20 
       フロントブレーキマスター

左側オリジナルマスターはまだ使えそう。漏れも無く動きもスムーズ。
すでに手に入らないロワーブラケットまでのロングブレーキホースも状態はよかった、ラッキー。
上側が79年からの転倒時に割れないアルミ製の新型ブレーキマスター。安全性は上がり正常進化。でもこれは使わないでオリジナルを目指す。
そのブレーキからゴムキャップを頂く。2000年以降のディスク車のマスターにはゴムキャップすらない。そこまでコスト考えるのか?
右下はやはりネットオークションで手に入れた旧型マスター用キャップ。当然新品は手に入らない。


21 
      ヘルメットホルダーは小さい   (2005年2月)

78年式ヘルメットホルダーとキー。キーは84年までは同じ形だったと思う。オリジナルでよかった。
キーホルダーは仕入れたSRのどれかについていたものを頂いた。SR屋でよかった。
ヘルメットホルダーは振動でボルトが緩み、落としてしまうのでネジロックで止めるのはSR500としては当然のこと。落ちて無くなってなくて良かった。
だが78年式に限って落ちることは絶対に無い。なぜならホルダが小さいのだ。ヘルメットは1つしか止めれない。ボルトが落ちるところまで緩みきらないのである。えー、ホルダ開けてれば落ちてなくなるってか?そりゃそーだ。
翌79年からは現行と同じ大きさの物になる。だからSR500の中古車ではほとんどの車両がヘルメットホルダが落ちてなくなっている。
残っているのは78年式のみなのである。なぜ小さいかって?だって自動二輪でヘルメットをかぶることが法律で義務つけられたのはいつだった?確か78年だったような?必要なかったのですホルダなんて。
(72年に義務化されているが40km/h以下で走行時は着用の義務は無かった、取り締まりも無かった。78年に完全義務化、ただし自動二輪だけ。間違ってたらゴメン)


22 
       リアブレーキアームは外品ついてた


残念ながらバックステップ化に伴い、ブレーキアームはアルミの長い物に交換されていた。
さらには特徴のあるピンも現在の物と同様の物に交換されてしまっていた。悲しい。パーツを探さねば。


23 
      リアエンド部はコストがかかる

スイングアームリアエンド部には鍛造の分厚い形成されたプレートが溶接されている。
また、ゆるみ止めのチェーン引き。これはすでに新品は手に入らない。
押す側に力のかかるトルクロッド。これは輸出用のSRがリアディスクでキャリパ−を止めるための物。79年も同様であったように思う。逆立ちと言われる。
同様に79年までの1.85-18サイズのタカサゴアルミリム。細リムとマニア間では言われる。
黒ボディーのカヤバサスペンションは84年?までの物。この画像の中で現行と同一の物はショックを止めるボルトぐらいであろうか?
ブレーキパネルもスポークも現行品とは異なる。
蛇足だがアクスルシャフトは当時右ブレーキ側から入れられていたのがオリジナル。どうやって抜いたかって?それはまた今度。


24 
     リアフラッシャーは貴重品

有名な乳頭タイプのフラッシャー(ヤマハではウインカーとは言わない)
ボディーの新品はすでに手に入らない。よって転倒は絶対に出来ない。現行モデルと違い折れるのだ。
振動対策として根本にゴムダンパが入っている。このゴムを効率よく使うためのフラッシャー側のワッシャーが興味深い。オリジナルである。




レンズはこのオリジナルはスタンレー。新品は今仙製の物が手に入る。右がオリジナル、左は現行ボディーに今仙製レンズを装着している。色の違いがわかるかな?濃い方がスタンレー。
レンズだけでなくボディーもスタンレー製と今仙製があったのは最近(2006年)知った話、それはまた今度。


25
       テールランプの配線

現在のSRはギボシの安物にコストダウンされているが78年式はコネクターになっている。











ところがコネクター側から配線を外してもリアフェンダ−の穴は通れない。





そうなのです、テールランプ側がギボシになっていて配線が抜けるようになってるのです。これは当時のヤマハ車はみなそうでした。


26 
     リアブレーキは現行と同じものは何も無い。


リアのホイール外すとブレーキシューのライニングがポロッ!
まぁヤフーで買った物だから想定内。普通に乗れるものならヤフーで売らないよな。
ドラム内が錆びていないだけマシだ。






こういう日の為に使えそうなブレーキシューを確保してある。もちろん当時物アスベスト入り中古。
現在はアスベスト入りのブレーキシューは手に入らない。新品で手にはいる新素材の物はドラムも磨耗させてしまう。


プレートの違い。
右が78年から84年まで使われたもの。ある意味ブレーキシューの減りを見るものは無い。XT500時代にはあったシューの確認穴は閉じられている、いやコストダウンで開けられていない。分解しかない。
左が85年以降の物。だいたいのドラムやシューの減りを予測する事が出来る矢印がつく。




ブレーキカムの形も違う。これも78年式のみのパーツ、失敗作。グリースが溜まる溝が無い。
と言っても今のものには変えないよ、しょっちゅう分解しグリース入れればいいだけの話。それに他のSRとは全く違うのだという優越感の方が強い。鍛造品のようにも見える。もしそうならコストはものすごくかかっている。



27 
      教えたくないサイレンサーの違い


VMキャブ時代のサイレンサーが2J2と言う事は少しマニアなら知ってる事。もちろん音も現行3GWや3HTとは比べ物にならないぐらいに歯切れもよく大きい。
だが同じ2J2でも78年式は少し違う。ヲタクの世界。右が78年式、左がそれ以降ですね。違いがわかる?




最大の違いがこれ。サブチャンバの下の補強が入ってるのが78年、下側がそれ以降ということになると思う。
実は微妙に78年式のマフラーの音はでかい。ただし抜けが良すぎるのかアフターファィアにもなる。
教えたくなかった、中古で私が買えなくなるでしょ。


28 
       徐々にパーツ集め、ヤフオクは必需

78年式SR500はSR500としては史上2番目に売れた車両。よって解体されてパーツになってしまう車両も少なくは無い。
ヤフオクはそういうパーツを仕入れるのにありがたい。
これはサイドカバーから探し出して、同時にシールドビームまで落札しスペアパーツとして手に入れた。




さらにはメーターやフラッシャー、ヘッドライトステーなどすでに手に入らないものや、転倒すれば壊れてしまう物を中心に集める。
熱くなってはいけない、シートなどはすでに私に買える値段ではない。


29 
     ハブクラッチ部磨耗多し、ホイールは・・・(2005年3月)


思ったとおりのヤフオク車両、ハブクラッチはかなりヤバイ。ハブクラッチは交換するとして相方のハブの磨耗もかなりの物。
ハブを交換すればいいのだが、貧乏人にそんな金は無い。






オリジナルのリムはタカサゴ1.85-18だがこのホイールは使えないなぁ。このハブじゃ。







このハブの磨耗は少ない。使えそうである。このハブを使って1.85のリムで組めばいい。上記ハブとの差は約0.4mmもある。
そんなにあればガタガタだな。






 










使えそうなハブにつくリムは新型2.15-18、タカサゴリム。さびさびだぁー。ついでにドラム内もさびさび、これでもサンドペーパーでかなり落とした。
しかし現在のモデルのようにドラム内に磨耗などは無く十分使える。リムが太いとタイヤの性能も十分引き出せるだろう。よってこのまま使用する事にした。お金ためて新品のハブ買うまでは・・・無いな、そんなこと。


肝心のハブクラッチは現在のモデルの中古品。シルバーに塗装されたコストダウン品、スタッドボルトまでただの黒い仕上げである。
オリジナルはバフがけ後のクリア仕上げ、スタッドにもメッキがかかる。うー、リアホイールのオリジナル度はかなり低くなったが仕方ない。





最後にスナップリングはオリジナル。右が78年の物、左が現行の物。何年に変わったかはわからないが、きわめて初期に変わったと思う。
なぜなら初期型は取り外すのに専用工具が必要になるからだ。現行のものはロングノーズプライヤで取り外しが出来る。
後はコストダウン。作るときにどちらがコストがかかるかは一目瞭然。


30 
      リアフェンダ−の違いは


右が78年のリアフェンダ−、左が比較的高年式のリアフェンダ−。
なぜか78年には補強プレートに肉抜きがされている。テールランプ部は強度を保ちたい、だが重くはしたくない。ってところか?
配線の違いもわかるかな?しかし配線が剥き出しがヤマハらしい。ホンダなら隠すだろう。
配線はこの後数年は同じだが、フェンダーは78年だけの物。




こちらは新しい年式の物、キレイに仕上げられている。機械曲げ?






ちょっとピンぼけだが、こちらが78年。なんなんだこの汚い板金は、中のワイヤーが見えてしまっている。手曲げ?板金工がガンガン叩く姿が見えてきそうだ。ワイヤーを巻くなんてまだ慣れていないって感じ。
非常にコストのかかったリアフェンダーは割れ防止のためにワイヤーが通されている。それは知ってるよね。

 
  「単車男」トップ  
  単車男 78年式SR500 その1 No.00 から No.30 まで
  単車男 78年式SR500 その2 No.31 から No.59 まで
  単車男 78年式SR500 その3 No.60 から No.89 まで
  単車男 78年式SR500 その4」 No.90 から No.119まで
  単車男 78年式SR500 その5」 No.120 以降