単車男 78年式SR500 その4  
     

90 
       サイレンサーのガスケット    (2005年7月)

おひさー!なんか気負いすぎて途中で止まってたが復活?
これはエキパイとサイレンサーを繋ぐところのガスケット。こういう説明が面倒なんだよなぁ、これから入れない。わからない人は他で勉強してきてね。
78専用ではないが、左が旧型。どうでしょう?材質からコストが割り出せるかな?漏れないのは現状の右側です。左は問題の白い粉が入ってるので生産終了。
では今後もよろしくーっ。メンテ日記と違ってこちらは気楽に行きましょう。見る人も少ないだろう???


91 
       エキパイの違い













もしかしたら前にも書いたかもしれない??
どちらも78年式SR500のエキパイ。78に限って400と500とはエキパイは違うもの。その後面倒なので、すぐに同じものになった。指突っ込んで中の広さを確認すればすぐわかる。
それは良いとして極初期に失敗作がある。それが下側のきれいな方。わかるかな?穴が無い。実はこの空気抜け穴は無い訳ではなく、内側にある。それが失敗。
内側にあっては1番外側のパイプの温度が上がる、なのでメッキが焼ける。マニアは「金エキパイ」とか「ゴールドエキパイ」と呼ぶ。金色に焼ける。
ただ危ないのでリコールがあったとも聞き、無償でエキパイ温度の上がらない上側の改良エキパイに交換されたらしい??定かではない。
おかげで全ての78SR500に「金エキパイ」が残っているわけではない。ヲタ向きレアパーツ。


92 
        予備パーツ収集

ネットで探しまくれば、このころはたまにレアなパーツがオークションなどに出品されていた。せっせとスペアのパーツも集める。
説明はいらんなぁ。全ては78年式専用パーツ。あー、フラッシャーは違ったな。今はあっても高くて買えないねぇ、値段は無いのが旧車のパーツ。


93 
       チェンジペダルの加工

下側が以前書きましたオリジナル。鍛造の1体もの。上はその後の年式、安物の鉄板を溶接したもの。なので惜しげもなく短く出来る。どうも私は足が小さいようです。SRってチェンジペダルが遠いと思いません?もちろん鍛造物の新品は手に入りません。ウエブのパーツリストで在庫ありになってても手を出しちゃダメよー。


94 
      ステップの違い

いわゆる初期型84年以前のステップにも色々あります。1番左が1番安いつくりで現在も手に入るもの。鉄板をシャーで切って曲げてあるようです。
真ん中は実はよくわかりませんが、79年(モドキ)や3X4などに使われていたと思われるもの。鍛造で形も凝っていて、コストはかなりかかっているような感じ。
右側がオリジナル。もちろん鍛造品。注目は可動部上の鉄板がぐるっと巻いてきているところ。巻いてから溶接されてる。新品のラバーに交換して使用。最近はラバーも値あがったねぇ。実はYD250用って知ってた?ラバーはオリジナルじゃない、仕方が無い。


95 
      アンダープロテクタ

以前大きな年式でのエンジンプロテクタの違いは書きました。実は同じ78年式でも違いがあるのです。すでに発売後すぐにコストダウンを行っていたのです。
奥が付いていた78年式の4つ穴プロテクタ。手前がさらにコストがかかっているプロテクタ。オイルラインのガードまでついています。まぁこれを無くせばかなりのコストダウンになりますねー。
78年でもかなりの初期型、つまり車体番号のアーリーなものに付いていたと思われます。私は運良くヤフオクゲット。非常にレアなパーツです。もちろん新品では手に入りませんよ。外から見えないヲタクよだれ物パーツでした。


96 
      レバー類

全て78年式のレバー。とは言えヤマハの共通レバーでもある。上側はコーティングの無いストレートレバー。そして新たにゲットがオリジナルのビニールコーティングレバー。塗装ではなく、厚いビニールでコートされているのがオリジナル。滑り止め。
現在では手に入らない。コーティングの無い物は唯一クラッチのみYD250の物が似ていて使える。なので右に転倒は許されない。もちろんコーティングレバーはレアな物で、左にも転倒は出来ないが・・・一時ネットオークションで出てた。左右で5000円くらいなら買う予定だったが・・・その数倍の全く歯が立たない値段で終わった。


97 
       キャブのリベンジ


こんな物を色々出してきてはリセットを繰り返す。失敗の連続









それでもついにというかようやくというか、まともじゃないが走れるキャブが出来た。3個1で出来上がった2J3ボディーの旧VMキャブレター。それでもまだまだ納得は出来てない。


98 
      再度エンジン

新しく作ったエンジンはテストで北海道を走りぬけたが、3000kmでまたうるさくなってきた。結論、所詮このイン側へ給油する旧オイルラインではどうしようもない。
しかもクランクの精度がいまいちで、振動が多い。その上新型クラッチを使用したら扱いにくかった。で、元のエンジンを再生する事にした。若干というかかなり圧縮漏れがあり、音もうるさい。
そのピストン。3万キロ走ってる割にはキレイ。ある考えと金がないため交換はしない。貧乏臭いなぁ。ピストンぐらい換えろよ。




洗浄後のピストン。きれいになった。








加工中のピストン。なんとグラインダで頭を削っていく。これにより燃焼室の容量を増やし、圧縮を下げる考え。良い子の皆さん真似しないでね。




で、これがシリンダーを組んだ後のピストン。実はベースパッキンも2枚入れて、シリンダーはほんの少し上側に取りついていることになる。
ピストンの頭はだいたい滑らかに加工。燃焼効率を考えている、エッジが少ないほど温度は上がりにくい。
ほんの少しの段差。オリジナルはシリンダーとピストンが面一になる。まさに自己満足低圧縮化。目を吊り上げないで圧縮でも下げようよ、そこのあなた。人生まで語るかのようなエンジンチューニング。


シリンダヘッドは内燃機屋さんに任せる。バルブは中古をリサイクル、修正。バルブシートカットされ、キレイに清掃、すり合わせされて帰ってきた。後は組むだけ。


99 
       センタースタンドの違い


わかる?大きく違うのはスプリングをかける所のリングですね。左側が78年式。右はその後の年式となります。
今回溶接加工のために新しい年式の物を出してきて加工し、装着しました。






これ。リアに大きな荷物を積み込んでセンタースタンドを立てると、踏み込むところが地面とくっつく。それが嫌。
で、溶接加工後がこの画像。リアタイヤが地面とひっつく状態で約10数ミリのクリアランス。グッドじゃーん。まさかオリジナルを加工するわけにはいかないもんね、もったいない。


100
       簡単には行かないキャブセット

キャブをオリジナルの2J3VMにしたがうまくない。もちろん普通に走ってはくれているが、まだまだ濃いようだ。プラグは真っ黒。
普通まともになるまで何ヶ月も試行錯誤が続く。


101 
        ヘッドライトリレー装着


あまりにヘッドライトが暗いのでリレーをよく使うロービームのみ簡単に取り付けてみた。リレーは転がってたライト用の安物。







バッテリーは外国製の安い4L-BSのMF。北海道ツーリングで毎日夜中にノートパソコンの電源として頑張ったのでかなりへばっている。
新たにヘッドライト用として引いた少し太い線とヒューズ。もちろんアーシングは完璧。
これにより非常にロービームは明るくなり、シールドビームでも何ら問題なくなった。総費用0円。何だかゴチャゴチャだ。


102 
        冬もガンガン仕様     (2005年12月)


冬でもガンガンに足で頑張らせるので、グリップヒーターを取り付けた。最近はよい物があるなぁ。一昔前からあったけど、グリップに巻きつけるやつで、すぐにショートしたり断線した。
でも少しでかいのと、グリップが太くなったのは不満、仕方ないけどね。





スイッチはヘッドライトステー脇に取り付けた。もちろん左側。温度自動調整のよい物ではないので、熱くなってくるとスイッチを切る。冷たくなると入れると繰り返す。
スイッチは年中取り付けたまま。





さらに大型車用のハンドルカバー。マスターが大きくても大丈夫。隙間風が入らないようピッタリ取り付ける。これにより冬でもペラペラの革手袋で走行可能。
分厚い手袋使用は安全走行からは程遠いと思う。微細な操作が出来ない。


103 
          当時物、オリジナルアクセルワイヤー入手

上側が当時物78年式500のオリジナルアクセルワイヤー。ネットオークションで入手。ピカピカだ、ラッキーだった。ネック部はメッキで、ゴムのカバーが付いている。
下側が無理やり取り回しを変更して使ってた当時物の400用2H6
現在手にはいる78年SR500用の2J2ワイヤーレプリカは、このネック部が400と同じ黒い仕上げで、しかもワイヤーの遊び調整部がプラスティックの安物である。すぐに割れてくる。





逆向きだが、2J2という部品番号が誇らしい。その下にはグリップヒーターの配線が見える。







キャブレター側。戻し側にダストキャップが見える。たぶん引き側にもあったのだろうが、もげてしまったのか今は無い。こういう細かな心遣いが当時の物にはあった。
メチャクチャ嬉しいぞ。


104 
         いきなり、わけわからん      (2006年1月)

走行中、乗用車が車線変更してきて右後方からぶつけられた。貴重な首長2J2が・・・タイヤとバンパーの跡、傷ものだぁ。
こちらがいくら気をつけていても後ろからでは・・・相手はミラー見てて前を見てなかったと言う。そんなことがあるのか?単車はある程度の運動神経や、技術のある人間が乗るが、車ははっきり言って誰でも乗れる。超ドンくさい方から80歳以上の老人まで免許は取得可能だ。後ろも絶えず気にして、迫ってきたらアクセル開けて逃げる必要もあると言う事だ。手に入らないパーツばかりの単車、気をつけるしかない。


105 
       フォークオイル交換

人には5000kmで交換しろと言ってるのに、自分のはなかなか出来る暇が無い。ようやく交換は6000km走っていた。
古い年式のSRにはドレンボルトがあるので簡単なのだが。真っ黒だねー。


106 
       マッドガードの違い

前に書いた?左が78年式で長い。右がその後の年式。とは言えあまりよくわかっていない。79年(3X4)でも長いのがあるかもしれない。









長いので、リアサスが沈むとスイングアームと擦れる。つまり失敗作。もう少し後ろ側に曲げて作るべきだったな。




これが後期型。後ろに曲げるのは面倒だし、コストもかかる。じゃ、短くしてしまえ。
擦らないが、砂やゴミ、水などはスイングアームの上側に上がってきてしまう。水が上がるのは難儀な事で、おかげでベアリングに水が入り、ピボットシャフトが抜けなくなるわけだ。ろくなもんじゃない。


107 
        旧型ウインカーの違い

82年以前はおっぱいウインカーだって事は知ってるわな、これ読んでるあなたなら。それにイマセンとスタンレーがあるのも知ってるよねー。
では内部の違い。これはスタンレー。反射板(ボディ)やアース線が違う。マニアならスタンレーの球を入れたい。12V32CP。リアに多く使われている。






こちらはイマセン。フロントに多く使われる。このころのヤマハの契約などが見れて面白い。内部の違いもね。球は12V27W。どこのメーカーの球だったかは忘れた。東芝が多かったかなぁ?


108 
        オイルポンプ整備    (2006年3月)

とある方にオイルポンプのシールが悪くなる事を聞き、交換して見ることにする。入ってるエンジンオイルがもったいないので、寝かせて作業。
右ケース開けてクラッチ類取り去り、オイルポンプを外す。






これがポンプボディーとオイルシール。きれいなシールが新品。さすがに28年も経つので硬くはなっているが、特別不具合も無さそうだった。





ポンプASSYを取り付ける時に画像のガスケットを挟む。オリジナルは入っていない。ガスケットが入るようになったのは83年からの事。
ガスケット無しは、エアを吸うかもしれないという。






クラッチが組みにくいので立てたら、オイルがドボァー!ゲーッ!少しずつエンジン内にフレームからオイルが来たようだ。


109 
        右ケースの違い

これがオリジナル。なぜかクランクのシールは逆向き?に入っている。油圧が逃げないか不安。









これが79年よりの対策されたケース。全く型も変えてしまったのか、ずいぶん違う。安全のため、このシールとスナップリングつきに交換。
小さくはオイルフィルタ下のドレンボルトの長さも違う。もちろんケースも。


110 
       雪の日


関西では珍しい吹雪。そんな日もガンガン通勤に使います。目指せカブ、こいつには無理。


111 
       リアブレーキメンテ


たぶんだけど、3ヶ月に1度は開けてると思う。それぐらいSRのリアブレーキはよく鳴く。清掃し、グリースつけて、シューの表面を少しペーパーで削ってやれば直る。やってるよなー、みんな。







そういうわけで面倒なので割ピンではなく、こういうベータピン?を使ってる。これならサイレンサーが邪魔する事もない。


112 
      ハンドル交換?    (2006年4月)


春が来ました♪強力ボンドで取り付けたグリップヒーターを外すのが面倒で、新品の純正のレプリカハンドルをおごりました!ブルジョワー。








いやぁ、ハンドルカバー外したら、すっきりして気持ち良い。工場は全然すっきりして無いけれど・・・


113 
       オイルも交換

スノコの100%化学合成オイル、レッドフォックス。単車用の高いほうのオイルとして仕入れてしまった。ブルジョワー。
まずは自分で使ってみないと、その良さはわからない。スッゲー良いと思う・・・でもあまりよくわかってないのが現状。
その後、SRには少し硬いと言う事で、現在はモチュールH-TEC100を高いほうのオイルとして置いてます。所詮ボロイ古いSRに入れてもわからない、100%化学合成なんて漏れるだけ?駄馬SRには鉱物油で十分じゃ。
逆にわからないって事は良いこと。わからないうちに交換をしているって事だ。これわかる?古いオイルが悪くなるまで使ってると、新しいオイルに入れ替えればその違いがわかるって事。


114 
       ブレーキフリュードも


1年ちょっとそのままのブレーキフリュード。ボチボチ交換するか?あんまり気にしないけどねぇ。








これDOT4新品。やっぱりキレイで気持ちええのう。100CCも使わない。置いてりゃ悪くなるので、単車屋で量り売りしてもらうのが○。
まさか車検のパーツ項目でブレーキフリュード500CC、1500円なんて書かれてるんじゃないだろーねー。4トントラックじゃないんだから500CCなんて・・・
この文章に関して、修理屋からのクレームは受けんぞ。


115 
        なんていうかわからんが便利パーツ

クラッチ握ってレバー押すとクラッチが切れたままになるパーツ。ヤマハの純正品。ローに入れてクラッチを切ったままにして停止、左足を着く。
すると次の発進時に足を着き変えてローギアに入れるという動作がいらない。再度クラッチ握ればこのレバーが外れて、そのまま発進できる。かなり楽。
でも後にとある理由で外す事になる。


116 
       似てない弟たち


かなり年の離れた弟が遊びに来た。若いのでピチピチ。雰囲気は似てるが、よく見ると全く違う。色も違うし、タンクのデカールなども違う。
99%は違う細胞、いや、違うパーツ。








生みの親、おかあさんは同じ。じゃお父さんが違ったか?でもキレイだねぇ。


117 
       兄さんの兄さん

に、似ている。色々と育った環境のせいか違っているが、紛れも無く生まれたころに離れ離れになった兄さん。再会。
ネットで関東のオークションにも参加できるようになり、初めて関東から仕入れたのがこいつ。絶対欲しかったのでべらぼうな金額での落札。それでも程度は良くタンクなんてピカピカ。大満足。ヲタクってやつは・・・
買ったのは昨年8月、今回は工場清掃のためにカバーを外して出てきた。乗り換えようかなとも思ったが、あまりにキレイでもったいなくって。
もしかしてこいつのページも作るかも?


118 
      兄さんの兄さんの兄さん


で、今年(2006年)約1年ぶりに業者オークションに出てたので買ったのがこの長兄。ボロイ・・・動くけど、ボロイ・・・
こいつはいつかはボロボロのままボロルックで足にしようと思ってる。キャブはCRで、カンリンのフライホイールに、夢は広がるねぇ。





ぼろいけど、これ以上腐るのも嫌で・・・意味無いかもしれんけどCRCを振りかけて工場の肥やしに。







で、工場の奥に直します。現在の所有SR500たち。手前から長男、次男、5男。5男はこう見えても85年型。
実はその向こうに4男がフレームだけでいるのです。4男は79年のモドキ(後期型エンジンの2J3)。
そして兄さんと呼んで、毎日乗ってるのが3男です。SR500を5台所有♪


119 
      細リム    (2006年7月)

純正オリジナルの細リム(1.85-18)を手に入れました。さらになかなか良い程度のハブも手に入れたので1つオリジナルタイプのホイールを作ろうと・・・
まずは錆び錆びのタカサゴリムを耐水ペーパーにCRCつけて削ります。
後にSRは83年にスポークが復活。サイズは2.15になりました。






仕上げはグラインダにバフつけて。青棒使ってます。アルマイトじゃないのでピカピカに・・・私にしてはのレベル。


  「単車男」トップ  
  単車男 78年式SR500 その1 No.00 から No.30 まで
  単車男 78年式SR500 その2 No.31 から No.59 まで
  単車男 78年式SR500 その3 No.60 から No.89 まで
  単車男 78年式SR500 その4」 No.90 から No.119まで
  単車男 78年式SR500 その5」 No.120 以降