単車男 78年式SR500 その5  
     

120 
        スポーク組


スポークには内と外がある。自分で組む人は注意。今まで何台も解体してキレイな物を置いてある。ピカピカではなく、錆が無い物を選んで組む。







使えそうなハブも多く持っている。それにスポークを入れていく。ピカピカスポークほど恥ずかしい物は無い。オリジナルはメッキなどしてなかったので、普通は錆び錆びになってるはず。28年も磨き続ける人は、個人的には古くて壊れそう号(支援部隊さん)しか知らない。私に磨く趣味は無い。
よって83年以降のさび止め(亜鉛メッキ?)されたスポークを選ぶ。外す時にスポークの方向をハブに書き入れておくと、組むのは簡単で悩む事も無い。


当然内側のスポークから組みつけていく。外側のスポークを後から入れると邪魔にならないし、リムを傷つけないかも?








こういう電動工具(1000円ぐらい)があると、組むのは非常に早くできる。問題はこの後の振れ取り。完全に性格が出る。


121 
         スペアパーツ

転倒時に備えて、新品で手に入らないパーツを中心にスペアパーツを集めている。28年も経つ単車はどこが壊れてもおかしくない。左のスイッチなんかも貴重品。
パーツリスト見たらまだ新品が手に入るって?じゃ買ってみて、どんなのが来るんでしょうねぇ。
全て78年式専用品か、それに準ずるパーツ。おっぱいウインカーの収集は今やもう趣味?


122 
         キックが壊れた!    (2006年7月)


出先でキックしたら、エンジンはかかったがペダルが戻ってこなくなった。おかげでラチェットのすごい音、これじゃ帰れない。
知り合いの場所であったので、エンジン止めて置いて帰り、後日軽トラで取りに行ってきた。






壊れたのはこれ。ってわからんわな。ここはキックギアの奥、ガイドプレートが折れたのです。そうケッチンが返るのを防ぐために、キックを踏み降ろした時にラチェットを外すプレートね。え、違う?そうでしょ。




正常なのはこれ。こうなってるわけね。この解体エンジンからパーツをもらうことにする。安いパーツだけど、貧乏人は買えない。






右が正常、左が折れたもの。破片がキックギアのよからぬところにはまり込み、キックが戻ってこなかったのだ。疲労だなこりゃ。






キックギアの新旧。右が旧、左が新。何年に変ったかはわからない。新は加工に手抜きを感じる。壊れてないのでそのまま使う。

これで復活。しかしあせったわ。このガイドは比較的よく折れる。折れ方によってはクランケースをブチ破って出てくる場合もあるので注意。って注意のしようが無い。蹴ったら突然壊れる。


123 
        キャブのセッティング

どうも薄い。薄くて再始動が悪い。夏なのに・・・
で、パイロットジェット交換することにした。1つ大きな27.5。もちろんミクニの純正をおごる。
このようにキャブを斜めにすれば交換可能。

するとなぜか上が濃くなった・・・ありえない。他に原因が。


124 
         キャブのセッティング2

前の記事から1ヵ月後。
下のトルクは増し、始動性良好。プラグの焼けもいい。私のエンジンでパイロット27.5はドンピシャ。でもどうも上が不安定。
原因はここみたい。何か判る方すばらしい。そう、これは加速ポンプをエンジンが動いてる時のみ有効にするバキュームの配管。どうもここから少しガソリンを吸うようだ。




これはSR400のキャブのフロートチャンバ。こいつには加速ポンプが無い。これを付けると不安定な症状が止まるのでわかる。ではダイアフラムか?






ところがダイヤフラムでは無かった。目視ピンホールは無かったしね。原因はこのパッキン。古パッキンのままだったので、合わせ目からほんの少しガソリンが行ってたのです。そんなもんわからんわ。
たかが紙一枚に1000円ちょっと、されど紙一枚。その後バッチリ完調になった。




これは400のチャンバで油面を見ているところ。走行テストもする。2J3キャブのチャンバではこのようにして油面が見れない。
加速ポンプの無いキャブがどれほど楽で優れているかがわかった。

でもあえて加速ポンプ付き。ガソリンも食う、壊れもする、苦労もする、金もかかる。だが初期2J3加速ポンプ付きキャブにこだわる。
これほど面白いキャブは他に無い。

ノーマルサイレンサー2J2首長、波チャンバ。ノーマル穴なし金エキパイでは少しまだ中速が薄い。でも今のところ状況は良い。1年かかったここまで。


  「単車男」トップ  
  単車男 78年式SR500 その1 No.00 から No.30 まで
  単車男 78年式SR500 その2 No.31 から No.59 まで
  単車男 78年式SR500 その3 No.60 から No.89 まで
  単車男 78年式SR500 その4」 No.90 から No.119まで
  単車男 78年式SR500 その5」 No.120 以降