ワーゲン その2 (エンジン部)

マフラー

  外品のいわゆるグラスパックマフラーというもの。サイレンサーが小さいのでうるさそうだがそんなことは無く、いーい音である。低くて回れば空冷の乾いた音になる、タコアシなのでバタバタとは言わない。メッキ部分は強く(多分日本でメッキされた)さびは少ない。エキパイは錆びているがもう、15年以上もつかってるのだ。(国産マフラーで15年ももつ物ある?)もうあまり見ないなー。売ってるところも少ないから
  欲しい方はM.W.Iまで

エンジン

  基本的にノーマル。本国出た日本向けの1200スタンダード。パワーは36HPだが私が年とったのか不満は無い。踏めばメーターで130km/h(フロントタイヤは135)は出る。ただ、軽には絶対負ける。でも抜かれてもなんとも思わないのがこいつのいいところ。
  アメリカではパワーが足りなく63年で終了。そういう意味ではレアだなー、もちろん12V。まだ、15万キロ走行でしかない。あたりまえやけど、クーラー無いよ。

オルタネ−ター

  ジェネレーター(DCダイナモ)が逝ったのでオルタネ−ターにしました。もちろん大電流(といっても50A)を稼ぐ為配線は引きなおし足してあります。レギュレーターも外しました。ノーマルしか認めない方すみません。今や電気に不安は全くありません。でも、交換は苦労した。(ノーマルキャブのリンクなどが当たるのです)
  しかしジェネレーターはブラシとベアリングのみ気をつけていたらずーット使えるとおもっていたのにー?どうやら中の配線が逝ったみたいです不思議だ。
 フュエルポンプも逝ったのでブラジル製。これはかっこ悪い。

フルエレクトリック イグニションシステム

  これは薦めません。ストリートでは駄目です。なぜなら進角しないのです。つまりBTDC20度ならそのままです。そうすると回転上がったままだしノッキングしやすくなります。まあノーマルエンジンは圧縮低いのでノッキングはありませんが・・アイドリングで回転落とすのにかなり絞りました。ドラッグ用です。でも、ドーピングされた60000Vは効くーッでもどこかにストレスくるはずだ。
  そもそもはコンデンサーが逝ってポイントが早く駄目になってきて変えるのも面倒な事だしハイテンコードも20年以上でそろそろかーなんて矢先にプラグキャップの中が折れてしまいました。
  3気筒で走ってたらついにはコイルが逝ってしまった(多分寿命)。エンジン休眠!
  コイルとデスビとコンピファイヤーとハイテンコード、エーイ面倒だ・・で買ってしまった。
  10000Vあれば十分なのに・・・60000Vのためプラグギャップは最近の車並みの12mmにしてあります。
やってないけどお勧めはエーイ面倒だセットです、多分。金あればそのセットにしたいよー


  その1(足回り) その2(エンジン部) その3(外装) その4(室内)