ワーゲン その3 (外装)

リアバンパー

  リアバンパーはぶつけてしまって、今はメキシコ製。メッキは良くなくすぐ錆びる。しょっちゅう磨かなくてはいけない。内側もサフェ−サーを吹くなど錆びたい策が必要。しかも薄くて手でも捩れる。純正なら乗って跳ねても大丈夫なのに・・ 安いだけがとりえだ。

テールランプ

  オーストラリアの解体屋で15年ほど前に買った本物、57年型までのもの。
  自慢の一つ。パッキンも新品をオーストラリアで買った。ブレーキとテールのみに使用、点滅はしない。だって道運車法違反になってしまうから・・ 日本では63年からウインカーはオレンジに決まってるのです。夜中に小さなテールがポワーッとつくのがかっこいい。レンズはガラスで中にも模様があるのだ。コストは高い、もちろんボディーは鉄。後期型のオールプラスティックとは違うのだ。

ステッカー

  「アールアンドアール」と言うワーゲンの店が私の住む宝塚にありました。そのステッカー。10年ほど前だったか無くなってしまった。オーナーの乗ってた67はその後ガラで「ホルスタイン」にあるのを目撃しました。誰か知ってる?
  PRAはもらった。やっぱワーゲンってドラッグレーサーだよね。カッコいいもん。40前の親父が言うなー。MWIのステッカーも作りたいナー

フロントフェンダー、ヘッドライト

  私が乗り始めたころに流行ってたのが「6バケ」。私はある日スーパーでバックしてきたジジイにぶつけられた。ラッキー!早速「6バケ」にした。しかし、ブラジル製フェンダーは薄いし、錆びるし、左右微妙にサイズが違う。全く・・若かったからなー。ノーマル純正も捨ててしまった、もったいない。せめてぶつけてないほうだけでもおいとけばいいのに・・ヘッドライトは安い作り悪い多分台湾か中国製?ガラスの厚さが一定でなく車検で苦労するし、メッキのさびはマイッタモノ、シルバーに塗装した。かっこ悪いので何とかしようと思っている。

フロントバンパー、オーバーライダー

  フロントは純正、つまりはじめのまま。錆びないし、ぶ厚く強い。オーバーライダーは台湾製、すぐに錆びがくるしボルトを締め付けると曲がっていってしまう。安いんだけどなー。ゴムはカルマンのオーバーライダー用を切ってつかってる。貴重な純正バンパーに傷つくのいやだもんねー

マーク

  本物のウォルフスブルグ城のワーゲンマーク。これは63年までのもの、七宝焼き。57年までのフルカラーマークはきれいだがどうも目立ちすぎる。主張しすぎるので私はこの黒いのが好きだ。下のプレートはモール無いので上部を切っている。わかるかなー、かなりディープだ。

ランニングボード

  上(左側)は純正スタンダードのドイツ製、下(右側)はイベントで安く買ったメキビー(多分)のモール付き、右のノーマルは買ったときから事故でガタガタだったのだ。どっちがいい?いつの型でも合うのがいいよね。
  ボディのモールレスはパテ当ててタッチアップペイント、アメリカっぽい?モールない方が私はカッコいいと思う。飾りもんはワーゲンにいらない。

 

フロントマスク

ここのところ単車やチャリばっかりさわっててコタロウは変化無しだったが、10月20日のワーゲンクラッシックのイベントに行く為に目を整形し寒くなったのでマスクした。

3ピースのフロントマスクは輸入物。かっこいいでしょー。でも流行らない、その理由は「日本は雨が降る」からです。この日も雨、マスク内のフワフワ生地はぐっしょり・・・・・・

目はかなり前にヤフオク購入の「ロッシ」の偽物。パーツが足りなかったので苦労して作製して取り付けた。かなり可愛くなったし本体プラスティックでビスもステンレスを使ったので錆びない。そして前面ガラスが無くなったので明るーい。

ワーゲンクラッシックはプライベートな理由で行けなかった。半年ぶりにワックスかけたのに−。雨のせいで行かなかったのではありません。


  その1(足回り) その2(エンジン部) その3(外装) その4(室内)