ワーゲン その4 (室内)

タコメーター

  もう一つの自慢がこのオートメーターのモンスタータコ。希望のエンジン回転数に合わすとその回転まで上がるとランプが点灯する。ドラッグレースに憧れる私には「カッコイイの一言」。少し傾けるのがいいのだ。ただ、10000rpmは不要だった。8000rpmのにするかもしれない。アルミプレートは自作。夜にぴかっ、ピカッとやるのはたまらんわい、ふっふっふっ。それでも軽に置いて行かれたりする。
  輸入します、MWIまで

ボルトメーター、オイルテンプメーター

  こんなのはいらないのだが気分でつけてみた。もちろんVDO,ドイツ製しかもホワイトパネル。夜が綺麗なんだなー白は。電圧は夜はヘッドライトつけてると食うなーと思う位。あとは役に立たない。油温はアメリカからの輸入で華氏。わからんので摂氏に置き換えたのをマジックでガラスに書いた。ノーマルエンジンでは真夏の渋滞でも80℃越えることは無い。

運転席

  ハンドルはスタンダードのノーマル。過去には小さなのに交換してたこともあったが、さすがにもうすぐ40歳、パワステ無しはちょっと無理、大きなハンドルは楽だー。そういうこともあって、フロントタイヤは135にしている。
  小さいがパイオニアのCDデッキもつけている。音には結構こだわる。なんせワーゲン買った頃には車より高いロンサムカーボーイ(世界初のカーコンポ)のキット組んでた。今は安いよねー。
  右のスイッチはACCの無いワーゲン用のステレオのスイッチと、電動ウオッシャのスイッチ。ワーゲン独特のタイヤエア式ウオッシャは壊れてしまった。いつかは直したい。空気がなくなってくると「ちょろちょろ−」としか出てこなくなるのがいいんだよねー。

ハーストシフタ−

  エンピの文字入りハーストシフター、台湾製。ハワイで買った。これはいいっ!グッチョングッチョンのいわゆるポルシェシフトはどこに入ってるかよくわからんがこのシフトはカチッカチッと気分いい。安いしおすすめ。ローも近くなって扱いやすい。耐久性も高そうだ。
  見えないかもしれないが転がってるのは「霧吹き」夏は手放せない。なにをするって?それは顔や腕などにスプレーするのです。すると気化熱で三角窓からの風もあって涼しいーのだ。どちらも欲しい方はMWIまで

サイドブレーキグリップ

  ノーマルには何も付いていない、何をつけるかはその人しだい。私は第4回バグインジャパン(84年)で手作りのようなのを安く買った。それにニスを塗って使い続けている。誰が作ったのでしょう?

運転席その2

  シート類はかなり破れてきている。張替えシートカバーは二年前に輸入しているのだが・・「夏の暑い日にあたためてやわらかくして張り替えよう」なーんてもう二年。だめだねー
  でもいつだったか三木のイベントで若者が「うあーっ伝説のバグイン行ったんですか?」(その頃リアにバグインのステッカー貼ってあった。15年で割れて剥がれてしまった)伝説ってこの前やんと思って兄ちゃん見ると20歳そこそこ・・知らんわなー。その兄ちゃんが「シブイッスね、シートの破れ」バカにしとんか?と思ってたら「きれいなワーゲンは一年と金が有ればすぐ出来る、こういう破れ方は20年かかりますもんねー、しぶいっす」おーっわかってるねー、若いのに。本当は25年だけど・・・

リアウーファー

  パイオニアの30cmウーファー、200wだったかなー?のアンプで動かす。ボードは作った。強度、ビビリを無くすのが苦労した。リアシートの破れも味あるでしょう。これも自慢。しかしアンプなんかも安くなったねー。

バッテリー

  ジェネレーターが逝ってもバッテリー2連装のおかげで帰ってこれました。VWや外車のバッテリーって高いですねー。外国製はもちろん国産の外車対応サイズはとにかく高い。
  そこで私は小さな国産格安バッテリー(大体\1980)を二個並列にしています。
  この仕様にして15年たちますが(バッテリーが15年もったわけでは有りません)バッテリーは長持ちし他には何も問題ありません。
  固定する場所を確実にしてバッテリーが絶対動かないようにしてかんぺきです。前は置いてただけでしたので・・はずかしい。
  ついでに電気周波さび止め?つい買ってしまいましたが効果は?また電気を結構食います。常時電源接続は駄目です。ツインバッテリーでも一週間もちません。私はIGオンの時のみ入るようにしています。それで効果は?なのかなー。
  こういう改造もMWIまで


  その1(足回り) その2(エンジン部) その3(外装) その4(室内)